具体の科学2:時計

日本語では時計は時計。

つまり腕時計も柱時計も水時計も砂時計も花時計もすべて「〜時計」という名前によってカテゴリーを明示されている。

フランス語では概念上の「時計一般」は horloge が受け持っているようだが、それぞれの時計に別様の名前がついており、呼称上はきちんと束ねられていない。

時計屋は horlogerie

精度が期待される時計 chronomètre

ストップウォッチ chronographe chronomètre

特に駅や学校に掲げてある大時計 horloge

壁掛けの時計 pendule

掛け時計 horloge murale, pendule murale

懐中時計 montre de gousset, montre de poche

腕時計 montre-bracelet, bracelet-montre

デジタル時計 montre digitale

目覚まし時計 réveil, réveille-matin

水時計 clepsydre

砂時計 sablier

horloge à balancier 振り子時計

horloge à quartz 水晶時計,クオーツ(時計)

horloge atomique 原子時計

horloge électrique 電気時計

Horloge fleurie 花時計

水時計、砂時計は、それぞれ horloge à eau, horloge à sable とも。

壁掛けの時計 (pendule) は本来振り子時計

体内時計 horloge physiologique

余談だが、腕時計の「バンド」をなんと言うか? 替えようと思って売り場に行ってはたと気が付いた、これを何というのか知らない!

まさか ceinture ではなかろうなと思っていたら、やはり違った。つまり腕時計のこの部分の……と言い淀んでいたら向こうが教えてくれた。答えは bracelet (d’une montre) であった。

広告
Published in: on 2012/08/10 at 15:19  具体の科学2:時計 はコメントを受け付けていません。  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。