流行語の語義変化:狭まるギャル、拡がるフェチ

流行語の変遷の二類型

流行語について二回に分けて取り扱う。まずは流行語の語義の変化について。

とりわけ流行語における短期的な語義の変転となると、ある種の片極化・先鋭化が生じるか、あるいは対象の拡大・外延の膨張がおこるか、いずれかに転ぶのが通常である。簡単なことを難しく言ってしまった。要するに流行り言葉は語義が狭まるか、拡がる。 (さらに…)

Published in: on 2013/06/11 at 11:59  コメントする  

うなぎ文の一般言語学

これは以前のエントリー「ウナギ文の好例コレクション(リンク)」の補遺として書かれ始めたものだった。そのエントリーに追補しようと考えていたのだが、この「追補」の方が本体より長くなってしまう勢いである。これは別エントリーにするに如くはないと考えた。

以下に新たな例を付け加えるとともに、いわゆる「うなぎ文」の問題圏から、「名詞文」の問題、さらにはドイツ語・ラテン語の非人称受動の問題、フランス語の代名動詞の問題まで、一般言語学的に話を拡げていく。というか、書いてみたら勝手にそこまで話が及んでしまった。 (さらに…)