宇宙の缶詰め

クリストの梱包芸術

1)「梱包芸術」というジャンルがある。第一人者としてはブルガリア出身のアーティスト、クリストとそのパートナー、ジャーヌ=クロードが有名だ。ともかく何でも梱包してしまうというのがコンセプトで、古くは1969年にオーストラリアで「海岸を梱包」して世間の度肝を抜いた。また1985年にはパリの「ポン・ヌフ」を梱包した。ベルリンのライヒスターク(帝国議会議事堂)を梱包したこともある。

小さなところではスヌーピーの小屋が梱包されたこともあった。

wrapped-snoopy-house

(Peanuts 1978/11/20 ワシントンポスト他各紙;画像参照元は Peanuts オフィシャルサイト)

(さらに…)

広告
Published in: on 2016/11/12 at 07:08  コメントする  

正しくは「ほそ島や」

先日の記事、「将棋指しが飯を食う」のなかで、東京の将棋会館でご用達になっている「ほそ島や」の店名を「ほそ鳥(とり)や」と誤記していた。

いまに至るまでまったく気付かないでいた過ちだが、記事にするうえでは店名を間違えるというのはかなり致命的なものだろう。もって当該記事に訂正を施し、あわせて「ほそ島や」の方々と愛顧一方ならぬ関係者の皆々様にお詫び申し上げます。

まことに申し訳ありませんでした。

またご指摘くだすった Arturo_Ui さんに御礼申し上げたい。有り難う御座います。

Published in: on 2015/11/09 at 18:59  コメントする  

バズワードの廃滅に向けたアジテーション

見える化、リーダビリティ……貧困化する造語形成力について (さらに…)

ちょっくら神でも作ってみるか

「低温やけど」は関西弁じゃないですよ、「おむつかぶれ」は「かぶる」の命令形じゃないですよ、っていうネタはご存知あらせられるか。はからずも同音異義の「文」と解釈されそうな名詞。とくに方言形や話語に独特の形になっていると旨味がいっそう増してくる。

このほど、このリストにタカノフーズの納豆のタレ「旨味だしたれ」 が加わったという。ここまでは周知の事実、twitterなどで話題になっていた。

(さらに…)

Published in: on 2014/07/27 at 16:40  コメントする  

中二病、あるいは厨をめぐる用語史抄その1

前々エントリー「流行り言葉の栄枯盛衰:ギャルとフェチ」を承けて続く:

今回のテーマは「中二病」ないし「厨二(ちゅうに)、厨(ちゅう)」という言葉である。もっともこのエントリではこの用語の変遷を瞥見することばかりが主眼であり、ここにことさら新しい知見は登場しない。ネット言説に平生触れている者ならば周知の事情を時系列に則して整理しただけの記事である。

「厨二」はウェブ上のジャーゴンの立場を脱し、すっかり世間に定着しつつある。同時に前エントリー(流行り言葉の栄枯盛衰:ギャルとフェチ)に触れたような、流行語には不可避である「語義の変転」が当然のこととして見受けられる。ところで、その変化に興味深い部分——珍しい分化が生じている。この言葉はちょっと面白い変転を辿っている。一言でいえば「同時に片極化し、拡大もしている」のである。意味が「狭まっ」ていると同時に「拡がっ」てもいる。こうした自家撞着がどうして生じたのであろうか。 (さらに…)

Published in: on 2013/12/11 at 16:48  コメントする  

八月九日『図書館の魔女』出来

_P1M0041

図書館の魔女、いよいよ書店にならびます。担当編集の方が写真を送ってくださいました。

_P1M0045

立ちます。

_P1M0046

自立します。

_P3M0339

文字の盛り上がり。ここがデザイン班と編集部のこだわりポイント。たいへん苦労があったと聞きました。ブックデザインのトータルコーディネイトはミルキィ・イソベさんです。筋金入りのビブリオフィルで陣容を固めております。

直接うかがってはいないのですが、このカバーの地紋になっているのはアルハンブラ宮殿の壁面だと思うんですよね。

(2013/08/08 即座に追記:ブログ『図書館の魔女』あての記事を誤ってこちらに上げてしまった。取り下げようと思ったのだが、閲覧者が増えつつある。どこかに紹介が入ったのかも知れないので放置することにしました。ほぼ同内容の記事が上ブログにも重複してあります)

Published in: on 2013/08/08 at 06:22  コメントする  
Tags:

重複のある地名、補遺

かつて「由来を失ってどこまでも重なっていく言葉」の項で、地名における意味の重複について触れた。今回の記事はその補遺である。

「意味の重複」についてネット上に流通している結構有名なコピペがある: (さらに…)

Published in: on 2011/09/15 at 16:19  重複のある地名、補遺 はコメントを受け付けていません。  

鬼哭啾啾あるいは文字の発明

淮南子
本經訓:

昔者蒼頡作書,而天雨粟,鬼夜哭

また,修務訓には:

昔者,蒼頡作書,容成造曆,胡曹為衣,後稷耕稼,儀狄作酒,奚仲為車,此六人者,皆有神明之道,聖智之跡,故人作一事而遺後世,非能一人而獨兼有之。

(さらに…)

Published in: on 2010/06/19 at 16:14  鬼哭啾啾あるいは文字の発明 はコメントを受け付けていません。