曲がって戻る「レトルトカレー」

「レトルト」の語源は retort < retorte [fr.] < retorta [méd. lat.] = retorquere [lat.] と順に遡り、根っこはラテン語の「曲げ戻す、捩り返す、折り返す」の完了分詞女性形、上の通りその原義は「曲げ戻された」である。ではいったい何が曲げ戻されたのであろうか。「レトルトカレー」のどこが「曲がって戻って」いるのか?

(さらに…)

Published in: on 2015/03/28 at 00:25  コメントする  

開発者名を冠した新案器具

医療器具(手術用具)のカタログに見た

手術用クリップのトップメーカーとして業界に知られる「ミズホ株式会社」というメーカーがある。経済産業省の認定によれば規模は中小ながら、脳動脈瘤手術用の「杉田クリップ」の生産で脳外科医の間で世に欠くべからざるプレゼンスを誇っている会社であり、経産省の「グローバルニッチトップ企業100選」にもノミネートされている。

同社ウェブサイトのカタログを覗こうとすると「あなたは医者ですか」と訊いてくる。正直に「いえ、しがない物書きで……」などと答えると、カタログではなくトップ頁に飛ばされてしまうのだ。門前払いである。「どういうお店か、確かめてから入ってきてね」という具合。あなたの来るところじゃないから……

完全に一見さんお断り、というか「お医者さん以外お断り」というかんじで、そりゃそうだミズホはプロ相手の特殊な商売である、物見遊山で来られても困るといった態度が実直な感じで好ましい。実際私は物見遊山であった。済みません、本当に。

(さらに…)

Published in: on 2015/03/16 at 19:45  コメントする  

レトロニム……古いものに後から新しい名を与える

人力車

「くるま」というのはもと人力車のことだった。たとえば落語で「吉原までくるまで」と言えばタクシーに乗っていったという話ではなく、人力車をチャーターしたということだ。「くるまといえば人力車」の長い時代を経て、その後 Automobile が上陸した時には「くるま」と区別して特に「自動車」という語を用いた。これがざっくり百年ほど前のことに過ぎない。

ところがこの Automobile はあっと言う間に物流の、とりわけ人間の輸送の主役におどりだし「くるま」の一語を人力車から奪ってしまう。「くるまといえば自動車」の時代になってしまったのだ。

さて困ったのは古い「くるま」の方だ。こちらを新しい「くるま」から区別しなければならない……そして拵えられた新しい用語が「人力車」だったのである。

(さらに…)

Published in: on 2015/03/07 at 15:07  コメントする  

エゴサ

エゴサの意味が変わりつつあるという。Twitter で「を/でエゴサ」を検索してみよう: (さらに…)

Published in: on 2015/02/27 at 14:40  コメントする  

報酬的な意味合いの

rémunératoire「報酬的な意味合いの」という形容詞がある。逆転ホームラン的な力を持つ不思議な単語である。

例えば sanction という言葉は通常は「懲罰」とか「処分」といった消極的な意味で使われるが、sanction rémunératoire という具合に上の形容詞を付けると「褒賞」という意味になるというのである。ちょっと意外の感がある。語義の逆転が生じている。
しかし「報酬的な意味合いの懲罰」とは具体的にはどういうものなのだろうか、想像がつかない。

(さらに…)

Published in: on 2015/02/15 at 14:28  コメントする  

クールな「紙名」を誇る業界紙の世界

ニッチな新聞というものがある。業界紙などと呼ばれる特殊業界御用達の新聞である。

そういう業界紙のなかに、門外漢の立場からするとはっとするような名前の新聞がある。

たとえば自動車産業の市場規模を考えた場合『日刊自動車新聞』(紙面をご覧下さい)というものがあっても誰も驚かないだろうが……

(さらに…)

Published in: on 2015/02/07 at 14:06  コメントする  

観音様ご開帳

観音様……ご開帳……摩羅……昇天……極楽……

「急にどうしちゃったんですか、汚言症(コプロラリア)でも出てきちゃったんですか、お薬出しときましょうか」などとお思いになった方。何か勘違いをしておられるのではないかな。コプロラリアというのはトゥレット症候群や認知症などにみられる「猥褻語や冒涜語(ブラスフェミ)、Four-letter words を口にするのが止まらなくなる」という症状のことであるが……拙僧と如何なる関わりがあろうものかは。

(さらに…)

Published in: on 2014/11/28 at 13:13  コメントする  

「バー」のインフレーション

今回のネタは大変ニッチなものなので、読了して不毛だったとお感じになる向きが多くなると想定されますので、忙しいひと向けのまとめ: 「釘を抜く道具」が「釘」という名前、「錆を取る薬剤」が「錆」という名前だったらびっくりだが、「バリを取る道具」は「バリ」と言う。以上。

(さらに…)

Published in: on 2014/11/26 at 12:10  コメントする  

バズワードの廃滅に向けたアジテーション

見える化、リーダビリティ……貧困化する造語形成力について (さらに…)

ちょっくら神でも作ってみるか

「低温やけど」は関西弁じゃないですよ、「おむつかぶれ」は「かぶる」の命令形じゃないですよ、っていうネタはご存知あらせられるか。はからずも同音異義の「文」と解釈されそうな名詞。とくに方言形や話語に独特の形になっていると旨味がいっそう増してくる。

このほど、このリストにタカノフーズの納豆のタレ「旨味だしたれ」 が加わったという。ここまでは周知の事実、twitterなどで話題になっていた。

(さらに…)

Published in: on 2014/07/27 at 16:40  コメントする